未分類

明日の立冬練功会において、初めて「生言霊 さとりの強化法」を執り行います。
同時に、録音教材「さとりの強化法」の予約受け付け開始します。
この功法受講と録音教材の聴取は、「さとりの法」講座の中で
お渡ししている能力、教科書12ページにある「日之本さとりの法」の効果を確実なモノにしていく方法です。

◎「日之本さとりの法」の効果
1.いろいろな事物、人などや自己の魂、本性、潜在意識などからの情報を瞬時に受け取ることが出来る。(この中のほんの一部の効力が、瞬観速読法である。)
2.自己内の5つの意識の情報の均一化とバランスをとる。
3.人として悪い情報のやりとりが無くなってくる。 
4.多くのアイデアが湧き出てくるようになる。
5.自らの進路の選択が、適切に出来る。(自己の判断と行動を間違わない限り・・・)
6.物事の習得が容易になる。
7.本質を見抜けるようになる。
8.自己内の5つの意識や体内神(日之本元極功法階ひと中級講座で詳しく解説しています)と各意識間の情報伝達ルートが築かれる。
9.集中力が高まり、自己に内在する能力が開発される。
10.総ての感覚が磨かれる。特にその人の興味のある芸術的な感覚等(音楽、絵画など)が研ぎ澄まされる。例えば、コンサートを聴いて、演奏する者や作曲、作詞した者などの気持ちが受け取れるようになったり、陶芸品を見て、作者の表現したい気持ちがわかったりする。

極めて強力に作用するので、受講時や聴取時はあまり心地よいものではないかもしれません。
パワーによって、携帯型のプレーヤーで、再生出来ないものが何台もあったほどです。

人によって、判断は分かれると思います。
1.何度も繰り返し受講、聴取してみようと思う方
2.もう受けたくない。聞きたくない。と思う方
3.大変だけれども、どうしても繰り返し聞かなければいけないと思う方

さて、貴方は何番になるのでしょうか?

「ひだ」の事, 「まつり」の形, 伝統, 祓い清め

先日、沖縄の首里城が全焼しました。
大変残念なことだと思い、どうして燃えるようなことになったのかと考えていました。

実は今年2月の末頃に突然「沖縄にきなさい。」とお呼びがかかりました。
「首里城に来るだけで良いのです。」
とのことだったので、費用はかかりますが一泊で沖縄へ行ってきました。
沖縄には何回か呼ばれていたことがあります。
そのほとんどは、その土地を浄化する役割だったり、
沖縄の神々に会いに行ったりというような仕事でした。
首里城にも行ったことがあります。
それがなぜこの時、首里城に行くだけでよかったのか
不思議なことでした。
そして今回のこの火事が有ったので本当にびっくりしました。

首里城が燃えたのはどうしてか? と考えている時
「首里を守るべき働きをした」ということが伝わってきました。

首里の位置が変わり、首里城の位置が変わる。
そして、首里の位置が変わり起点が変わる。
首里を変えて、 あなた方の方向を定める。
首里の位置を変えた。
その働きのために 燃やしたのだ。
そして、その働きをするために、貴方がたに来てもらう必要があったのだ。
と、伝わってきました。

そして数日後、我々の住んでいる高山からすぐ近くの
文化遺産白川村にも火事が有ったのです。

神仏について

修練者の Z.X.さんからご質問が有りました。

こんにちは
Z.X.です。

近いうちに出雲大社に行くことになりました。
何か注意点、おすすめはありますか?
出雲大社には子ども達も行く予定です。

車で行きますか?
出雲大社のみであれば、正面の鳥居から入り、正面の拝殿でお参りします。
そこから左回りに東十九社(じゅうくしゃ)をお参りしながら通り、
ご本殿後ろにある一番大切な素鵞社をお参りします。
ぐるりと御本殿を回るようにして西の十九社を通って元に戻ります。

11月6日水曜日から11月13日水曜日まで、年に一度の神在祭が執り行われます。

全国の神々が出雲にお集まりになるのを迎えるお祭りです。
出来ることならこれも見ていただくと良いかと思います。

特に11月6日の19時から近くの稲佐の浜で、神迎祭が開催が開催されます。
11月7日から11月13日までであれば、御本殿の中に入ることが出来ます。
ご本殿の中で龍蛇神様(ウミヘビの神様)をお参り出来ます。

龍蛇神様は、全国からお集まりなる神々をお迎えして、
稲佐の浜から神社までの道をご案内の役割をする神様です。

ここまで行ったのなら、「日御碕神社」も欠かせません。
出雲大社から18キロぐらい離れています。
そして、そのすぐ近くにある「神蹟 隠ヶ丘」はどうしても行っていただきたい所です。

東西の十九社は、全国の神々がいらっしゃって滞在される
一年間でこの期間だけ開けられています。
普段は鍵がかけられています。

未分類

日之本屋久用天地洗濯セッケンへのクレームがひの子さんより出ていましたが、

本日、改善しましたので、既にお手持ちの物で、お確かめ下さい。

皆様が、使いかけ、或いはお持ちの洗剤も含め全て改善しました。

https://ameblo.jp/hinomoto13/entry-12517939463.html

https://ameblo.jp/hinomoto13/entry-12531331584.html

https://ameblo.jp/hinomoto13/entry-12531929836.html

https://ameblo.jp/hinomoto13/entry-12532357462.html

この洗剤の機能は、

洗濯時に  ①有形の汚れを洗浄し、消去する。
②無形の汚れを洗浄し、消去する。

③洗濯後 着る前の保存中に 周りに存在する物から悪いものを吸い取る
④洗濯後吸い取った有害な物を完全に消去する。

この洗剤で洗った後、着ている時
⑤周りに存在する物から有形の悪いものを吸い取る
⑥周りに存在する物から無形の悪いものを吸い取る
⑦本人の体内から有形の悪いものを吸い出す
⑧本人の体内から無形の悪いものを吸い出す

⑨着ている人に良質なエネルギーを補給する。
⑩洗濯後吸い取った有害な物を完全に消去する。

結果この洗剤で洗った物はその後、
⑪周りにいい香りやエネルギーを与え、良好な感覚を及ぼす。

 

この洗剤は、洗濯後に以上のような作用を、洗濯物及び周り或いは着る人に及ぼしていますが、

今後、皆さんがまだ使っていない洗剤、使いかけの物を含め、

本日のバージョンアップによって、以下のように効能を変化させます。

①②④⑨⑩⑪の作用を最大限にあげて、この洗剤で洗濯した物で、

着る者、周りに居る者を含め、不快にさせたり、

悪い作用を起こすようなことがないようにします。

③⑤⑥⑦⑧の作用で汚れや悪い物が、それらを消去する作用を乗り越えたり残ったりすることが

けっして無いようにします。

 

未分類

10/13 14:00~16:00は、台風が来るとのことで、急遽「練功会+貫頂・帯功」に変更しました。

せっかく皆さんがお集まりの予定を立てていただいたにもかかわらず、こうしたことになってしまったので、

この練功会には、位山の神々にお願いして新宮修練舎に この時間来ていただいて、

皆様の修練のお手伝いをしていただくことにしました。

18時からの夕食会にも 神々にはご同行いただこうと思っています。

こうした高位の神々とご一緒出来る機会は稀にしかありませんから、

台風一過の大変な時かもしれませんが、是非ともお出席下さいますよう、お願いをいたしておきます。

未分類

10月13日に修練者皆で位山に登ります。

位山は人が神上がる時、その座(神としての役割)が決定されるところですが、

それは、次のことに表され、引き継がれているようです。

 

天皇が譲位された時に笏(しゃく)を持ちますが、

その笏は、当地位山で育ったイチイの木で作られ、

代々献上されている物だと聞いています。

 

この霊峰位山は、近年都竹峰仙さんが三日三晩ここに籠り、開いたとされていますが、

その辺は、ご子息の都竹昭雄さん(故人)が本になさっていますので

お読み下さい。

 

私も2004年、三日三晩ここで修練させていただきました。

 

「飛騨の霊峰 位山」 今日の話題社

(もう廃刊になっているかもしれません。)

 

 

未分類

家屋用の場創りセットは何種類か存在します。

車移動が必須の飛騨高山では、運転中も良い場に居たいということで、

日之本スタッフは、住居用場創りセットを流用して使っていました。

車専用の場創りセットを作らなくてはいけないとずっと思い続けながら

実行出来ないで何年も過ぎ去ってきていました。

漸く、来る10月1日より車載用の場創りセットを販売開始します。

正式名はとても長いのですが、「車両放瀉神倉屋久用場創りセット」と言います。

住居用と同様に「強力」と「並」が有ります。

お値段は住居用より随分お安く、¥88000と¥55000(消費税、10%込)になります。

神様に言わせると、今回の物は従来よりの、300坪もの土地を強力パワースポットにする

住居用より更に強力になっているのだから、「安すぎる。」のだそうです。

お急ぎで9月中に入手したい方は、山崎にご相談下さい。

 

未分類

くるくるさんの、「気がついたら!?」のブログに次のような記事が有りました。

https://ameblo.jp/hinomoto20/entry-12512913262.html

https://ameblo.jp/hinomoto20/entry-12514037065.html

彼女は日之本元極功法「階ミ」を受講済みです。

この方法は、無形の情報を受け取ったり、発信したり、することが可能になる功法です。

彼女は基本的な講座を受講したものの、特別講座の伝訣、画訣、観訣、授訣

という能力を授ける為の講座を受けてはいません。

日々の練功もそこそこはしているモノの、

そんなに熱心にやっている方ではありません。

にもかかわらず、無意識のうちに周囲からのウッスラとした情報を

しっかりと受け取っているのです。

きちんと自覚していれば、更にはっきりと受け取ることが出来ます。

特別講座を順にきちんと受講し、授けられた能力をしっかりと意識して修練すれば

周りからの情報を的確に把握することが出来ます。

更に、自らが発信する情報を確実に実現することが出来るようにまでなるのです。

来る9月21日から23日の秋分特別講座にて、

「階ミ」の講座が数年ぶりに開催されます。

受講資格である「階フタ」講座の受講済みの方は、

この稀なるチャンスを確実にゲットしていただきたいと思います。

未分類

元極功法の功能伝授の方法は、「伝音」である。
伝授者が被伝授者に対して無音で能力を渡すのである。
それを被伝授者にも判りやすくしたものが、「伝訣」「画訣」「観訣」「授訣」
である。
しかし本来の伝授法は、「伝音」で事足りるのである。

この方法は、古来いろいろな宗派、功法でも用いられているが、呼び名はそれぞれである。
「教外別伝(きょうげべつでん)」「以心伝心」「維摩一黙(ゆいまいちもく)」などと言われているが、
要は同じ事である。

この伝達方法の根本は、「黙念」にあることを知っている者は少ない。
繰り返し、黙念の波動が伝達し、共鳴することによる同調が起こるのである。
日々の黙念の積み重ねが伝達を可能にし、功能の引き渡しが行われるのである。

先回、「伝音」の 波動伝達と申し上げたのは、元極特有の言葉であらわせば、「元音」の伝達ということであり、
一般的に判り易く表現したに過ぎない。

何度か、講座の中で私が体内より元音を生発し、「風(ふぉん)」という形でお見せしたのを覚えていらっしゃる方もおいでであろう。
この元音生発の功法は、「階み」に昇格すれば、修錬段階として勉強することが出来る。

黙念の基本は、日常会話の中にもある。それについて、張志祥先生が、その著作の中で語っておられる。

談 話も訣のエネルギーを表現する一種の方法である。現代のいわゆる「外気を放出する」功に相当する。
人が交談しているときは、思想を交談の内容に集中させ て、全身のエネルギーを動員して談話に応対する。
意気投合して話に脂がのってくると交談者は「功能態」に入るのであり、体内の「音」が高度に組み合わされ て配列し、
口から妙語、警句が連発される。
この時は特異なエネルギーが放出されていて、聴者を魅了してしまって、その喜びに従って喜び、
その悲しみに従っ て悲しむ。これはエネルギーが聴者に働きかけて、「共同の音」を出させたのである。
音を持って、音を求めるため、双方の心音が同調までに達する。これが即 ち共鳴であり、知音である。

張志祥先生は著作の中で、次のような例を挙げてみえる。

霊 鷲山(りょうじゅせん)にて、釈迦牟尼が衣鉢(いはつ)を伝える為に全体の弟子を坐前に呼び集める。
衆弟子は世尊が説法するに違いないと思っていたら、し かるに世尊は端坐して無言のままでいる。
衆人がいぶかっている中を、迦葉(かしょう)が世尊に向かって微笑する。世尊は直に手に持っていた花を迦葉に渡して、
自分は既に衣鉢(いはつ)を迦葉に伝えたと声明する(この時、正法眼蔵-しょうぼうげんぞう-を与えたと言われる)。

こ の「拈華微笑」の故事は、即ち「知音相伝」である。それは心音の情報が相互に疎通した為であって、
無声の対答の中で心で衣鉢を伝えたのである。禅宗は従来 この方法で衣鉢を伝承するのである。
談話は音に対する黙念であり、訣に対する変化(へんげ)であって、功能態の下に行われる交流である。
談話で病気を治す ことが出来るし、談話が功力を増進させることも出来る。古代の各門各派は、みな口授心伝を重視する。
その妙用は即ちこれらの原因に基づくものである。

私が、度々錬功会に出てくる人達に、錬功が終わったらサッサと帰るのではなく、
その後の談話や、食事会に出席しなさいと言うのは、こういった理由からである。

私は張志祥先生より、何度にも渡っていろいろな能力をお渡しいただいた。
題に掲げた故事は、故事だけではなく元極功法に脈々と流れる神秘的な能力・情報の伝達方法である。

私がこのことを最初に実感したのは、元極を修錬し始めて4,5年経った頃、中国・蓮花山に行ったときのことであった。

その時講座に集った日本人や中国の客人達と共に、張先生と昼食を取る機会が与えられた。
楕円形の大きなテーブルに十五・六人が着いたであろうか。
テーブルの真ん中には、大きな花が飾ってあり、心の行き届いたもてなしが感じられた。
私は幸運にも、張先生の直ぐ右横の席に案内され、着座することが出来た。

食事は、いつもの事ながら、修練者や客人から張先生への質問で終始される。
食事が佳境に入った頃、あまりというか殆ど量を召し上がらない張先生の右手が箸を置き、
人差し指の先で小さくテーブルの上に文字のようなものを書いたのを見逃さなかったのは、
場の利を得た私だけであったであろう。
他の者は、中央に綺麗に飾られた花器に阻まれて気がつかなかったのである。

「あれ、食事中に何をお書きになっているのだろう?」と訝(いぶか)った私の脳裏に次に湧いた意識は、
「あっ、今何か戴いた。」というものであった。

その時は、あまりに突然のことで、何を戴いたか見当も付かない状態で、
その後の食事は、呆然と過ごしていて、何をどのように食べていたのかも良く覚えていない。

数日後、その時戴いた力は、人に能力を渡す力であることがハッキリと判った。

ここまで読み進めてきた人の中には、まだ訣を黙念することと「拈華微笑」の故事に象徴される衣鉢の伝承などのことと、
どういった関係があるのかお判りになっていない方も多かろうと察せられます。

元極功法の特色と言える「修錬中の訣の黙念法」について、
張先生は次のように著作の中で言及されています。

訣は黙念を通じて、日常生活の中で広範な妙用を展示している。
しかし、それらの多くは自発的な性質に属するものである。
しかして元極功法の修錬方法――「功訣を黙念する」ことは、正に日常の最も普遍的な方法を概括して、
制定されたもので、元極図の「生化返」の規律に基づいて系統化したのである。

そのために、元極功の功訣を黙念する方法には普遍性・簡易性がある。
凡ての修錬方法は、みな功訣を黙念する方法の中から進化したものである。

更に、張先生は次のように続けます。

各 家各派の修錬の啓蒙段階もみな理論の学習から入門して、先ず要訣の解悟から着手するのである。元極功と違うのは、
訣を黙念する過程を錬功に入る前の段階に おいて、そして訣のエネルギーを大脳の中に貯存しておき、
錬功・内省・参禅・練丹などの実践に移るとき、本門の功法要訣に対して、自分の解悟した部分を整 理して、
自らの訣を作り出して、錬功の全過程を指導する。最後に自作の訣が完全に功法の精義に適合することが検証されたとき、
即ちこれを「得道」したと言う。
黙念をしないようであるけれども、実際には黙念が始終錬功の全過程を貫通している。ただ人々がこれを見落としたに過ぎない。

元極功は 元極功訣「三元」自身の特性と元極功エネルギーの発生発展法則に基づいて、
功訣を黙念する特殊な方法を採用したのである。始めから終わりまで功訣を黙念す ることによってエネルギーを展現し、
そして竅穴に働きかけて、逐次に竅穴を「音化」する。一旦竅穴の音が玄関(上丹田)の音(心音という)と徹底的に貫通 すれば、
訣の情報としてのエネルギーが展現されるようになり、同時に訣の内包も悟得されるようになり、
修錬の境界もこの悟得と共に絶えずに高められてい く。

元極功法「功訣の黙念」の効用がお判りになっただろうか。
諸家諸派の功法が、一人一人の得道にその成果を依存しているのに比べ、
元極功では先哲の背中に梯子をかけて更に高みに登るようなものなのである。

そしてその独特の修錬の結果として、天・人「共同語」である元音の把握が可能となるのである。張先生は続けて語る。

元極功の独特の修錬方法は、元極図(現在では、もとつきわみ図)の原理に基づいて制定されたのである。
元音は天地万物の「共同語」であって、有・無を貫通する性質を持ち、天地人を召喚して自然の秩序に従って同調して、
真空界に帰還するのである。
自然界の音(おん)はみな一々人体の各部位に相対応していて、そして人体内の音も刻々自然界の存在に対応している。
この二筋の情報流が人体内で昇降、出入りしたりして、間断なく対応している。
天・人の間に二筋の情報流が存在していて、心身の間にも同様に二筋の情報流が存在している。
人の思考している事は、心身を貫通すると同時に天地にも貫通している。
元極功が十字真言(現在では十二字真言)を黙念することによって、
訣が生化して音となって、人体内の二筋の情報流を連接して、無窮に循環する「天人の合体」を形成するのである。

この元極独自の元音の生発、共鳴、伝達の効能を身に着けることが、「拈華微笑」の伝達方法の基本なのである。

このこと(元音の生発、共鳴、伝達の功能)が完全に出来るようになるには、
元音の修錬「階み」を終了することである(中華元極の旧功法では、3部功法・人天交会法)。

人天交会法は、十段階の功法の下から三段階目。日之本元極功法「階み」は、十二段階の下から四段階目である。

「な~んだ、下の方じゃないか。」と、馬鹿にする事なかれ!

中華元極功法公開12年間、そしてそれ以後も含めて、人天交会法を完全にマスターできたのは、
2800万人の入門者の中で、僅か5人という難関なのである。
人天交会法は、1999年2月に初公開されたのであるが、私の修錬としては1996年より既にその段階の修錬は始まっていた。

元極功法を修錬し始めて3年余あまり経った頃、第2部「鴻蒙済判法」4次元・中黄庭の修錬をしていた。
ある日、中黄庭を守って静功をしていたとき、突如、中黄庭にあった三元エネルギーがものすごい勢いで膻宮へと勝手に移動したのである。

その膻宮の段・下から三段目の修錬というのは、まさしく「人天交会法」の修錬なのである。
まだ公開されていなかった「人天交会法」の功法の道理を、それまでに何回もお渡しいただいていたように、
張先生は私に渡しておいて下さったのである。

未分類

階フタ」、「ミ」共に、これまで、エネルギーが右回りのみで回転していました。

それが、6月の階フタ講座の時からエネルギーの回転は双方向に回るようになりました。

このことによって、すべての竅穴にエネルギーを充足し、みめぐり脈も みじゅうじ脈もエネルギーは行き届き、充足されます。

階フタのバージョンアップが、6月に成されて、それ以後、階ミの修練者は、バージョンアップを自覚しないまま修練をしてきたのか?といえば、

このバージョンアップは、6月以降に階フタ講座を受講した者だけのものであり、すべてに適応されるものではありません。

階ミを今回受講した者から、双方向の気のめぐりがはじまります。
階ミを受けて、6月の階フタのバージョンアップを受けていない者でも、あるていどの功力を渡します。もちろん、100%は 渡せません。

そして、9月に階ミ講座を受ける者は、それ以後、上下・左右双方向にエネルギーが回転可能です。

三段目の「音」を使う修練ともなれば、それは説明も付かないような とんでもない修練になります。

このことを 今、一から説明することも無いでしょうから、別途、記述した方が良いでしょう。
質問があった「立ちのミ」だけでは無くて、教科書を見直しするということですから、
共通する課題として、それぞれを訂正するのでは無くて、まとめて訂正した方が良いと思います。

9月に計画されている。「階ミ」の講座においても「階ミ」の功法も、やり方は変わりませんが、効果は大きくバージョンアップされますから初めて受講する者も、再受講の者達も楽しみなことです。

この階ミの修練をすると、三段目のダン宮の段の竅穴のみでなく、一段目二段目の竅穴も縦・双方向のエネルギーの流通により、満たされて大きくなっていきます。