日之本元極功法パターン化, 中国, 単純化, 学習障害, 日之本元極, 気功教室, 脳の働き, 脳内, 蓮花山, 高山

[増田]
それでは、彼らの脳内プログラムを変えるようにすれば、
正常に行動できるようになるのでしょうか?

[発達の神]

あらゆる事を否定して、あらゆる事を曲げて、
あらゆる事を観念的に変換するように働いています。
その変換は通常、普通の人にはない働きです。
一旦変換されて、脳内の物質によって、物事が整理できない、
難しく言えば、物事の関わりを断つ、
物事とのやり取りが出来なくなるような物質がそこに植え付けられています。

彼らの行動パターンをみて分かるように、

一つの物事をあらゆる角度から見ることが出来ない。
あらゆる方向から探ることができない、そのような働きしか出来ませんから、
発展性が無く、物事に対しての執着しか持たなような働きとなっています。

一つずつの症状をみていけば、それぞれの特徴は違いますけれど、往々にしてその症状を表すのは、
混乱をもたらすような変換が脳内でなされているという所は全て同じです。

一つ一つの物事をあらゆる方向から見れない、

同じことを何度も繰り返すことで、行動をパターン化する。
一定の方向にしか役に立たないような働きになっています。

このような働きにはある目的があります。

それは、行動の単純化による、
物事の把握不足や物事を効率的に
進められないような働きとなっていることです。

それは単純化を好む本人の意図する所であり、

物事の状態を掴めないような働きとなっています。
健康な者にはこのような働きはありませんから、
そういった人々から理解されることはありません。

このことが彼らの生きにくさを助長しており、

人々から疎ましく思われるような存在となっています。

行動の特徴として、一つの行動においてのみ関心をよせるような働きとなっていますから、
あらゆる角度から物事を見れないという事において、

一貫性の中においては生きることが出来、
一貫性がないところでは生きることが出来ませんから、
今後あらゆる物事が動く激しい世の中となる中で
彼らの状態は非常に孤立傾向にあると言えます。

あらゆる事に適応できないという者が現れますから、

今後生き抜く力は浅く弱いということに為ります。