日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 汚染物質, 環境の変化, 発達障害, 脳内物質, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の増加傾向は、このままずっと続いていくのでしょうか。

[発達の神]
発達の状況はこれまで伝えた中以外の事で

発達の障がいを持つ者は、発達障害の内容がこれから変わります。
発達障害における、障害の度合いが進んで行きます。
なぜなら破壊された環境の状態が、
悪化傾向で著しい状態にあるからです。
発達障害はその変動を特に受けやすい。
発達障害を持つ者が、今後著しく状態を悪くするのです。

環境の変化により、脳内の伝達物質のかく乱が進みます。
伝達物質の流動は、今後なめらかに行き届くという事でなく、

幾つもの通過点において、障害が生ずることに為ります。
脳の環境を著しく変える原因として、汚染物質の中には
際立って悪い脳内環境を変える物質が含まれているからです。
脳の伝達物質のかく乱が進めば、人々の脳が脳内において、
禁止を受ける脳の物質がある程度状況改善をされる、
そのような状況から外れていきます。

これまでは、脳内の物質のかく乱が行われたとしても、

それが伝達におけるルートに至るまでにいくらかの回復を
与えることが可能でしたが、そういった作業がしにくい状況に陥るのです。
かく乱物質の増加は、物質的な変化に伴い、
脳内における、脳内の物質をも変えていくという変化が起きてきます。

放射能における脳内物質の変化は、今後著しく進んでいきます。
障害の度合いが更に、進むとお考えください。
障害を受けた脳内では、様々なパニックを起こす要因をつくっていきます。
物質の変化は、新たな困難を生み出し、

同時に人々の脳の回復を妨げていきますから、必要な分必要なだけ、
修練を行うということ自体も難しくなってくる。
そのような状況が生まれてきます。

一変するとはそういう意味です。
今後、新しい働き、新しいつくり方、功法の創り方によって

事態の悪化を未然に防ぐという行動が必要になってきます。
そうしたことを勘案して、増田には新しく功法を創り、
その為の手法を取り入れて頂くよう、お伝えします。

今後、脳内物質のかく乱は、激しくなり

脳の中で新たな変化を起こすことになります。
次々にあたら新しいかく乱物質が発生し、
適応できない程の脳内の状況が生まれてきますから、
障害は非常に重く進んで行くのです。

日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 環境の変化, 発達障害, 脳内伝達物質, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の子供について考察していきたいと思います。
発達障害の子供は年々増えています。
どうしてでしょうか。

[発達の神]
子供の発達障害は、増加傾向にあります。
それは、環境ホルモンの悪化や環境悪化に加えて、

子供自身の細胞レベルでの劣化が起きているからです。
劣化とは、その母親の劣化でもあり、
情報を送られてくる上での情報の劣化ともいえます。
情報の劣化とは、生まれる時の設計段階での情報が欠如し、
正常な働きをしない物質がそこに取り込まれて、
新たな発達障害の種を生んでいるということが有ります。
環境汚染などによって、そういった劣化につながる物質が取り込まれることで、
赤ん坊への影響を及ぼします。
更に、母親自身が子供をつくり出す能力が衰えている為に、
正しく伝わる子供の設計図の質が落ちているということが有ります。
子供の中には非常に重い障害を持って生まれる子供がおります。
それは、母親からの遺伝情報に書き加えが行われているからです。
書き加えとは、傷ついた遺伝情報のコピーがされて、
書き加えとなり、
その情報を元につくられる子供の障害が
重い状態として生まれてくる状況があるからです。

劣化させる物質としては、環境ホルモンやそういった母親の

遺伝的要素によって、
子供の障がいの重度化に繋がっていることが上げられます。
書き加えとは、劣化情報を集められた伝達物質によって
もたらされているという事を付加しておきます。

日之本元極気功グッズゲップ, タヌキ, 中国, 口の中, 日之本元極, 歯磨き剤, 歯茎, 気功教室, 蓮花山, 高山

私は、日之本元極の歯磨きクリームを使うと 必ずげっぷが出ます。

ゲップは いつも出るものではなく、日之本元極の屋久用歯磨き剤を使って 歯磨きをするときに限って出ます。

ゲップは、胃の邪気だと思いますが、どうして歯磨きをするときに出るのでしょうか?

***神からの回答***
増田は、またしても 自分ではよく分かっている事柄を
我々神に質問をしました。
これは、口の中の歯茎などにエネルギーを入れることで、
口とつながっている内臓にエネルギーが届いて
作用することは、判っていることだと思います。

ですから、歯を磨くと言っても、 日之本元極の歯磨きクリームを使うと歯茎にエネルギーが届くわけです。

歯茎、歯、口、全体に届いたエネルギーは 胃に作用して 胃から食道に届いて、それらの臓器の邪気を排出しているのがゲップです。

婆タヌキは、全くゲップは出ないそうです。

どうしてですか?
***神からの回答***
婆タヌキは、ゲップが下から出ます。
屁として放(ひ)り出しているのです。
汚れたところに溜まった邪気が 出やすいところから
出るのです。

皆さん、婆タヌキが歯磨きをしている時は、近くに寄らない方が良いようです。どうも名前が間違っているようですネ。婆タヌキではなく、これからスカンク婆略してスカ婆(すかば~)と呼びましょうか?

日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 環境の変化, 発達障害, 脳内伝達物質, 蓮花山, 高山

[増田]
これらを行うことにより、脳内伝達物質の性質・成り立ちが判るようになるのですね。

[発達の神]
著しい変化として、物事の考え方が定まり、

伝達物質の輸送状況が促されて、改善して良く流れる。
ネットワークが繋がる。
そういったことから、ありとあらゆる情報が行きかうようになるところまで
サポートしていきます。
一つの与えられた情報があるべきルート、道筋を辿り、
脳の中の伝達を促し、物質上の伝達物質と共に
あるべく無形の情報が行き渡り、脳内情報の交流交換、
そして伝達といったネットワークの構築がなされていくということであるのです。

我々が改善したいという意図は、発達障害の持つ意味、

持っている情報の欠落欠陥がもたらす人的影響を
どう変化させるかという事により、
脳の活動の一端を説明するという目的があります。
脳の活動のメカニズムという意味で、その事実を公開し、
人々に役に立つ情報として広めていく必要があります。
わたくし達は世にあるべき情報がどれだけ間違っていて、
簡略化されているか、今分かっている情報という事の
不確かさを追及し、そこに新たな理論を打ち立てて公表するという事を
目的にしなければなりません。

環境の変化により起こるべく、能力の欠落や遺伝的要素により、

脳内物質の伝達が出来なくなっている者など、
脳の中で起こっている状況を深く探るべきです。

日之本元極功法中国, 伝達物質, 回復, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 発達障害, 自立, 蓮花山, 高山

[増田]
幾多もの困難を乗り越え回復したとしても、
回復と自立とはまた別問題だと思います。
発達障害を回復させ、果たして自立できる者が、
どれほど存在するのでしょうか。

[発達の神]
まずは別の見方をする事です。
発達障害において、別の見方でみて下さい。
我々は発達障害の者が、

これから弱点を治すという事を働きかけていかねばなりません。
発達障害というのは、自立の力がない、そのことが問題です。

自立をする為の鍵があります。
自立は、一つの細胞における発達障害の伝達物質を与える事から始めます。

一つの細胞に一つの司令を与えます。
そこから一つずつ神経が繋がり、

一つが二つというような働きかけにより、
物質が届けられ一つの情報が伝達を始めます。
伝達が始まり、一通りの自立を促す物質が与えられます。
「自立」という情報持ったサイトカインです。
物質の伝達により素行の改善が図られます。状態の改善です。
一つの物質の情報が与えられ、それが伝達によって伝わり、
其々の脳内の欠陥箇所に情報が送られていくのです。
一つの情報とは傷がつかない、与えられた情報であり、
それまでの欠落した情報、もしくは情報ルートの断絶であり、
それらの事により伝わらないという状況が改善されます。

日之本元極功法中国, 修練, 元極功, 日之本元極, 最新医学, 極秘, 気功教室, 発達障害, 蓮花山, 高山

[増田]
大多数を占める、修練出来ない者に対してどのようにしたらよろしいでしょうか?

[発達の神]
修練が出来ない者に対しては、我々の指示の通りに、

増田が処置を施した上で、
その者が与えられた環境に為せる録音教材等グッズで
補えるところから始め、その上で改善がなされて来れば、
本人の行える修練を少しでもさせるべきでしょう。
両親、家族があるならば、その者に対しても修練を働きかけることは、ご承知の通りです。

その上で、治ったという実感がわく者と、わかない者が出てきます。
それらは脳の伝達によって、差が出てくるということに為ってきます。
脳の伝達物質が行き届きやすい環境にある者には、

そういった効果が感じられ、行き届きにくい者には、
施術を施そうとも、欠陥が補えないという感覚を持ち続けるが為に、
その者の回復を実感するという感覚が薄れますから、
その辺りの差に気を付けて、特徴を捉えて修練を進めさせること、
施術を行うことが重要です。

本人が自覚というものを持たなければ、その回復に取り組めない。
本人の意志が必要ですから、その回復をさせる為の状態を受け入れなければ、その先に進めない。
そういった問題が出てきます。
本人の情報を改めさせる、この感覚を身に付けなければ、

なかなか前に進むことは難しいのです。
健康になる為に、病気を治す。
そのことを覚悟として受け入れて、
脳内の返還に対する感覚を身に付けなければなりませんから、
その者に対する状態の回復を全て感じる者だけではないということを、それこそ周りの人たちも覚悟しておくことです。

病気の確実な治り方として、本人の意識を高めなくてはなりませんから、

そのあたりのサポートが必要になってきます。
必要な事は、命じるままに動けるかどうか。
肉体及び意識の掃除を進められるかどうか。

これから扱う発達障害のケースの判断の難しさがあります。

日之本元極功法中国, 修練, 元極功, 日之本元極, 最新医学, 極秘, 気功教室, 発達障害, 蓮花山, 高山

[増田]
最新医学で全くお手上げ状態な発達障害について、回復させる手立てはあるのでしょうか。

[発達の神]
混乱を防ぐには、脳の中の伝達が行われていない情報を、

しっかりと把握してその為の処置を行う事。
これが回復をさせる為の唯一の方法です。

そして、その回復する為の情報一つ一つを与えるという点について、

お話していきましょう。

我々の施術の方法により、脳の中の活性化を図らせますが、

それにはパターンがあります。
一つには、元極功法をやらせるべきか、やらせないべきか。
やることが出来る者と、やれない者に対して処置を行うということを、
どのように分けていくか、ということです。

修練を行える者に対しては、あらかじめ施術を行った上で、

回復プログラムとしてのカリキュラムを組んで、
その者にやらせるべきです。
その到達の過程で、その者に対してのそのとき必要な情報を
与えていきますから、その情報を受け取りながら、
その者の完成圏を目指すということが望ましいのです。

日之本元極功法コミュニケーション障害, 中国, 元極功, 学習障害, 日之本元極, 気功教室, 発達障害, 自閉症スペクトラム, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害で学力の高い者によくあることですが、他人とコミニュケーションがきちんと取れないという者が多いです。
どうしてでしょうか。

[発達の神]
学力が高い者には、働きかけをしています。
学力が高い者、それは発達障害がゆえ、

障害を持っている状況に応じる働きが渡されています。
発達障害の中で、学力が高い者に関しては、
神々は次のような役割を与えています。
発達状態において、素行が乱れる所以のうち、
コミュニケーション障害が上げられます。
コミュニケーション状態を正しく保てない訳は、
伝達物質の攪乱が行われているからです。

攪乱によって、人々の脳にパニックが起きています。
一つの事をやり遂げる力を持っているものの、

総合的に判断が出来ない。
誤った方向に行くというのは、攪乱が起きているに他なりません。
情報の伝達物質の攪乱が、
誤った情報を届けるという状態にさせる為に、
物事の判断が上手く伝わりませんから、ある程度の話を受け取る。
つまり、コミュニケーションの能力の欠如として、そこに現われています。
一方通行的な話が多いことには、そのような受け取る能力の不足や、
または情報を確認する能力の欠如など、複数の事が合わさって、
コミュニケーションが取れないという状況を起こしていますから、
一つ一つ何の情報が欠如しているのか観ていく必要があるのです。
攪乱によって、情報の欠如が起きているからには、
その部分の修正が必要です。
元極功法の神髄である先天三元エネルギーを取り入れることで、
情報の攪乱は治まりますが、その情報を新しく組み替え、
正しく伝わるような、そのような施しが必要となります。

日之本元極功法中国, 元極功, 学習障害, 日之本元極, 気功教室, 発達障害, 脳の働き, 自閉症スペクトラム, 蓮花山, 高山

[増田]
それではどうしたらこういった症状の者を、
社会に融和させることができるのでしょうか。

[発達の神]
発達障害の脳の働きを持たない人格が存在しており、

その人格が操る脳の能力を高めているのです。
なぜそのようなことが起きるかといえば、一つの人格に与えられた、
新しい働きがあります。
極端に特化した能力を発揮するという分裂が起きています。
極端に新しい能力を発揮するという分裂はどうして起きるかと言えば、
ひとえに発達被害に他なりません。
発達被害を受けた人格における能力不足を補う為、
一つに働きとして、別の人格がそれを補っている上に、
其のことが能力の分断、格差を生んでいる。
その能力の格差は大きく分ければ、二つあります。
完全なる物の把握ができないということ。
それは、人の能力から吸収できないという事です。

よって記憶の力をもって、この統治が上手くいかない状況を

改善させます。
一つの能力を頼っているだけでは、
その人物が上手く社会に適応できないという事が発生してきますから、
一つの人格にまとめた上で、脳の回復をさせる処置をさせた方が良いのです。

人格を一つに纏めた上で、能力を上げる働きをさせることが重要です。
これまでは一つの人格にないという考え方がありませんでしたから、

発達障害と言えば、脳の不可逆的な働きにおいて、
細胞レベルで復活をさせなければ、問題が解決しないとされてきましたが、
そうではなく、分裂が起きている人格があるということを把握して下さい。
そのことによって、格段に状態が良くなるということが、予想されます。

日之本元極功法アスペルガー症候群, 中国, 元極功, 多重人格, 学習障害, 日之本元極, 気功教室, 自閉症スペクトラム, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の者の中に、ある一分野で飛び抜けた能力を表すものがいます。
こういった者達はどういったことで、このような症状が現れるのでしょうか。

[発達の神]
発達障害において、学習能力が高い者がいます。
それは、発達障害とは別の能力を使って、そのようなことが起きています。
別の能力というのは、発達障害を起こしている脳の働きとは別の人格が働いているから、そのような状態が生まれているのです。
発達障害における、高学歴、高学力の者は、発達障害の脳を持っている人格とは別に、発達障害を持たない人格が働いています。
そのような事が起きているという事が、彼らの能力の分離という面で、隔絶された働きがあり、その格差によって、
一つの仕事を任されないという状況が起きています。

一つの仕事を任されない、一つの物事がやり抜けない、
その者において、発達障害における人格と、発達障害を伴わない人格がおり、そのやり取りの中で、
発達障害の高学力を持つ者という分類がされているのです。
高学力の者が、発達障害の症状を伴う者がこの世には存在しています。
それが存在をすることは、アスペルガー症候群として名の知られたことではありますが、それは別の働きをしているのです。

発達障害というのは、脳内に虫食いのような巣の状態が作られて、その状態から、情報を確保できない、
ルートを確保できないということが起き、伝達物質が届かないという状態が起き、物事の把握を困難にしていますから、
物事を遂行することが出来ません。
ただし、一つの物事に関して、非常に高い能力を示す者がおります。
それは、アスペルガー症候群のようなものに分類されていて、我々はその分類の仕方について、異を唱えているのですが、
分類の仕方は、同列で同じ人物が、その状態に陥っているということになってしまいます。
それは間違いであり、人格の変動が起きているということなのです。
いわゆる「多重人格」ということです。