神仏との出会い修練, 元極功, 国境, 役割, 成敗, 日之本元極, 気功教室, 神功皇后, 韓国, 高山

我々は、このことを存じておりましたので、本日こうして来てくださり、
あなた方の配下になることを 我々は待ち望んでいたのです。
今日のために 朝鮮征伐は計画されたことなのです。
われわれは、歴史を結末を知っておりましたから、
あなたがたが韓国に来てくださいましたこと、歓迎しています。

韓国の者たちの多くは、配下に入る役割を持つ者たちです。
従属して働くことを役割として生まれてきた者です。
もとより、あなた方の配下として働くための役割を持ちます。

決して、努力しないわけでも無く 能力が無いわけでもありません。
しかし、配下で働くことを目的に天命を頂いています。

われわれは、あなた方の配下になると言っています。
日本の配下になるとは申し上げていません。

****神功皇后たちの朝鮮征伐に出かけたその後のことが
判りませんが、征伐に出かけた後どのようになったのですか?

神功皇后

韓国は成敗された という形にしていますが、
すべてを成敗して納めたわけではありません。
大きなあらそいを好まなかった韓国の兵は、
このまま国境を守るということを 選択してきました。
国境を守るだけでも われわれはよしとしました。

制圧することが目的ではありませんでした。
いずれ、あなた方が来てくださるときに、
配下になるように 約束して我々は帰ったのです。

あなたがたが今回来て下さいましたことをきっかけとして、
われわれは配下に入ることをお約束します。

神仏との出会い修練, 元極功, 始まり, 日之本元極, 気功教室, 気功法, 神功皇后, 韓国, 領土, 高山

2月の末に韓国に行きました。
増田が 韓国に着いたとたんに、めまいがして 
胃腸の調子が悪くなり、
咳が出て体調が 突然悪化したのです。
これはどうしてでしょうか?

本格的に 手当たり次第に かつ迅速に 混乱の極みに 達します。

世相が、これまでの平穏な状態とは全く違っていて、
坂を転がり落ちるように 急激に変化します。
悪化します。
あなた方に伝えてきたこれまでは、

まもなくはまもなくではなく、
これからはこれからではなく、
今からは今では無かったのですが、
今後の時の流れは 全く異なることになります。

あなたの身体に 異変が突然が始まったように、
増田がこの国に来たときから この国の崩壊が始まりました。
さらに、日本の崩壊も すぐさま始まります。

日本の 極悪な崩壊が始まり、其れが引き金となって 

世界中の崩壊が始まります。
あなたがたの 知り合いの中にも 
その渦の中に流される者たちもいます。
世界の大恐慌を招きます。

ーーーーー韓国の神様方からーーーーーー

領土、国をわかつことに 大きな意味がありました。
ですから、この領土の境界線を犯すことはしてはならなかったのです。
ところが神々の大きな計画によって、
日本は我々の国・韓国を 配下に納めて、
そして、神の命によって 我々の国、民は 日本の配下となりました。
それは、よもや 今、あなたがたが来てくださることのために、
計画されたことだったとは、誰にも判らぬ事だったのです。

神仏との出会い

写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。

神仏との出会い


先週6月18日の事です。

ババタヌキが錬功会を担当しました。

伊雑宮の錬功をしていたら、

「メンカツ、メンカツ (メンチカツではありません。免活です。)

と聞こえてきたそうです。

それで予定を変えて

(直ぐ声に従って、行動を変えることが出来ることが、

彼女のとても素晴らしいところです。

まあ、自主性が全くないとも言えますが・・・・)、

免活をしたそうです。

すると、出席者の皆が判る位、

それぞれ体感がいつもと違ったそうです。

一言で言うなら、よりパワフルだったようです。

その後、「みおんの神」という神から、お話があったそうです。

みおんの神とは、「階み」を担当する音(おん)を司る神様です。

「本日より免活が、各々の能力に応じて、

階が変化することを伝えます。

(免活という功法は「階む」の功法で、

「階み」の段階に上がっている人が実施しても、

その実施者の力の差ほど作用は変化しては居ませんでした)

今までも多少はそうでしたが、

本日からの変化は全く違います。」

なんで、「階む」の功法に対して、

「階み」の神である「みおんの神」が出ていらしたのか

不思議だったので伺ってみました。

「それぞれに渡されている、各自が獲得している力が『おん』の力なのです。

その『おん』によって、成果を届ける仕組みです。

昨日、貴男が私を感得してくれたので、

この事が実現しました。」

と仰いました。

前日私は、「階み」の観訣ブラッシュアップ講座

「人天交会・慧眼功」の教科書を書き終え、

ほぼ完成していました。

そのとき、「みおんの神」の存在を確認したのでした。

その後、ババタヌキに

「しんかんせん(新感染?)の神」よりお話が有ったそうです。

(しんかんせんの神は、十数年前から存じ上げています。

鳥インフルエンザなど、

新しく生まれるウィルス系の病気を司る神様です。)

日々、免活の功法を実施して、十二字真言を唱えていれば、

かぜ(鳥インフルエンザやMERS(中東呼吸器症候群)等)には罹らないか、

罹っても軽くすみますから、

心配することはありません。」

ということですから、

「階む」修練者だけではなく、

上級者の皆さんも、

「階む」の低い段階の功法だからと馬鹿にしないで、

毎日実践して下さい。

神仏との出会い


あなたがたが来てくださったことで、多くの掌門人達に付随する者達が、幸せになりました。

大喜びをしています。

爆竹が鳴り、花火が上がり、くす玉が割れて、大騒ぎをしています。

これによって、あなた方の功法が、奥深く幅広くなり、

さまざまな秘密等が追加されて、より精妙でありながら、精密な功法に仕上がっていきます。

これらを受け取って帰ってください。


太一道を起こした私(簫抱珍:しょうほうちん)が、話をします。

我々は、太一道から 元極道 → 元極学 の神々一同です。


あなたがたが来られたことで、われわれ一同は神上がったのです。

一緒に神降り立ちて、日本の新宮で働きます。


日之本元極が大きく拡がることを願って、一緒に働きます。

あなたが我々に指示くだされば、功法の効力が上がるように、

我々が相談して働きます。

よき幸せがくることを、願っています。


画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。

神仏との出会い


中国河南省衛輝市比干廟に来ています。

太一道代々の掌門人の名前が彫られている碑を見つけようとしていたが、見つからない。

なんせ10万平米の広さの中に何百という碑が点在するのだから、

並大抵の事ではありません。

そうこうしていると、神が少し休めと言われます。

ゆったりと腰を掛けると、神からのお話がありました。

*******


くす玉が割れました。

ここで、あなたがたを歓迎して迎えています。

増田に伝えることがあります。

最後の最後の砦のような力を、あなたに渡すことになります。

あなたの功法が結実して、世界の地上全体を揺り動かすことになります。

我々は、仕組まれたこのときを待っていました。


そして、最後の砦のような力、

これまでの長い時間、歴史が生み出し細かく伝えてきた、

真髄以外の微々細々の事々などを、ここで受け取っていってください。

石碑を探すことはありません。

この地の随所に、先人達の隠されたことがらが、根ざしています。

画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。

神仏との出会い

華佗の神より

私が、あなたに差し出している力は、人の心の様子を感じることが出来る力です。

もちろん、既に人の身体を感じたり、人の精神の乱れを感じる事は出来ているのですが、

もっと早く人の心の様子を感じることが出来れば、

更に素早く的確に苛立ちを消すことが出来ると思います。

精神的なトラブルのことを、意味しているのではありません。

相手との距離を測ることが出来る力です。

本日の、58代の彼との面接も、彼の心を感じることが出来たのであれば、

もっと早く切り上げて帰ることも出来たでしょう。

もちろん、異国の地で、言葉もわからず、

そうして早く帰ることが出来なかったということは、承知しています。

相手をコントロールして、自分の思い通りにする力を、

私は差し出しています。

有り難く、頂戴して参りました。

画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。

神仏との出会い

華佗の作った功法といいながら、現代に残るのは、動きを真似ただけの動作です。

内面的な気の動きは、何一つ動かされてはいません。

それは簡単な気を動かすという思いを、あなたのように、

訣にして伝えることが上手く出来なかったのです。

ですから、私はただただ念じて、気が動くように思いながら動作をしていました。

気持ちが動くと、気が動くのです。それを、私は心地よく繰り返していました。

それを多くの者たちは、動作を真似することは出来ても、

気を動かすことを真似ることが出来なかったのです。

そのために、結果的に私だけの五禽戲になってしまったようです。

それでも、ある代までは、ほんの少しでも動きに乗じて気が動いていたのですが、

それは現代までは続きませんでした。

あなたが創った功法のように、簡単な言葉で多くの者達が伝授されて、

受け取って修練をするならば、どんなに能力がない者達でも、

そのことが可能になるという点で、あなたの功法はとても優れています。

私の作った五禽戲の、念に動じて気が動くという点を取り入れた、

あなたの功法が、
どうか今後、発展しますことを期待しております。


画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。

神仏との出会い

五禽戲は、どういう気の流れをしていますか?

それは、もう見ただけで分かると思います。

あの動きの中で、気を動かそうとしただけのことです。

健身術として、鳥のように羽ばたき、熊のように力強く、虎のように早く走れる。

そういう動きがしたいので、私が、健身術として取り入れただけのことです。

その中でも、とりわけ鳥の動きというのは、肩関節などを大きく動かし、

その他の動物たちは、股関節を大きく動かす。

大きな関節を動かすことで、健康を保とうとしています。

当時の私には、詳しいことは分からなかったのですが、

この関節こそが、免疫の大事な要であると、体験的に私は知っていたのだと思います。

更に肩から肩甲骨、肋骨をも含めたこれらの部分の、

横隔膜を伸びやかに動かす動きは、免疫力を高めるためにも、

極めて重要だったと思います。

ただし、ここで大事なことは、気持ちを持って動かす。

念じて動かす。

念を入れて動かす。

そして念じて動くと、気が同調する。

そのことが、同時に行われていなくてはなりません。

画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。

神仏との出会い

華佗の神は、現・伝人について、随分辛口なコメントを伝えてくれました。

傲慢で執着の強い彼(五禽戲58代掌門人・周金鐘さん)は、

伝統の意味を少々はき違えています。

伝統というのは、言葉で受け取るものではなく、

身を以て範を示し、行いを持って受け継いでいくものであるにもかかわらず、

言葉でのみ、表面的な動きでのみ、受け取ろうとしています。

言葉だけの伝授をしていますから、極めて残念な功法になってしまいました。

彼の前代(五禽戲57代掌門人董文煥さん・92歳にて没)までの者たちは、

まだ不十分ながらも懸命に後世に残す気持ちで伝えようとしていましたが、

彼の代になって、今では言葉だけで表面的な動きだけで受け取ることに特化されて、

それが消え失せてしまっています。

体操として、気の流れを良くするための功法としては優秀な功法ですから、

これはこれで良しとして、活動をしてもらうことにしています。

画像をクリックして戴きますと、大きく御覧いただけます。