日之本元極功法

アメブロの
「KENさんの健康けった日記」
日之本元極 気功法で健康を取り戻したKENがけったマシンで健康に過ごす日々と綴っていきます.

「感覚過敏」の記事を紹介します。

NEW!2019-04-11 08:16:48テーマ:自閉症
最近の息子の自閉症の症状でとても気になる事があります。
それは感覚過敏です。
例えば食事。少しでも気に入らないと食べません。
先日もハムをあげたのですが、よく食べているツルツルの表面のハムではなくて、
少しざらついたタイプだったのですが、まずいと言って食べませんでした。
こういうことが他の食べ物でもしょっちゅうあります。
そのため今は前食べれていたものがどんどん食べれなくなり、完全な偏食です。
今一番好きなものは韓国海苔です。
先日の国府宮講座でカメ爺先生が韓国土産の韓国海苔を出してくださったのですが、
ほとんど一人でばくばく食べていました。
ちゃんと修練するんだよと言われていたのですが、今のところあれから一回も自分ではやっていません。
あとは衣類もそうです。少しでもざらつく感じがすると前着ていた服でも着ないことがあります。
こだわりの強さから来ているのでしょうがどうにかならないものでしょうか。
本当に困っています。

ここで述べている皮膚の過敏症状は、発達障害の特徴的な症状です。
以前、日之本元極名古屋講座に来ていた Kさん一家の長男にもありました。
歩くとき足の裏の感覚が過敏すぎて、つま先立ちで歩いているような症状です。
これは多くの発達障害の子供たちに見かけられる特徴的な症状と言えます。
脳の一部の働きが悪いか、或いは働いていない症状をカバーする為に、
脳全体の感度を自動的に上げているような症状です。

これは実績として、日之本元極功法続けることで自然に正常な皮膚感覚に戻っていきます。
通常、発達障害は、育て方には関係がないと言わています。
しかしKenさんのご子息の場合は、他に命に関わる重大な病を持っている為、
母親による日々の無条件な要求受諾によって小さな「発達障害の芽」が大きく育ち、
嫌なものは避け、心地よいものだけを要求するような状態に変異してきています。
今後、大きな病の改善の為にも、
この我儘を諌め発達障害の症状を収めるようにしなければなりません。

日之本元極功法三元エネルギー, 中国, 元極功, 日之本元極, 気功教室, 気功法, 超能力, 高山

一昨日から婆たぬきが、ずっと股関節が痛い痛いと言って呻いていました。
そこで昨日、小転子・大転子あたりから10秒から20秒位、三元エネルギーを入れてあげました。
本日、会っても何も言わないので、
「股関節はどうなの?」と
聞いてみると、
「あれ何も痛くない。昨日まではずっとあんなに痛かったのに・・・。」

施術に対する認識は、ほとんどの方が、こんな感じです。
治って当たり前。

自然に治った。(治るわけないでしょ!!)
或いは、悪いときのことをすっかりと忘れてしまっている。
感謝も何もない。
でも、それでいいと思っています。
痛い、苦しい、動くことが出来ない。
そんな苦難を知らないうちに乗り越えている。
それでいいと思っています。

なかには、感謝の気持ちをずっと持ってくださっている方もみえます。
15、6年前から同じく股関節の骨がつぶれて、医者から手術を勧められてきたNさんは、
手術をすることなく元極功法のみで、少々足は引きずってはいますが、痛みもなく生活してみえます。
いまだに、時々、「どこそこのお土産です。」と
1人住まいの私を気づかってくれています。

ところが、婆たぬきは、どうでしょう???

 

中国, 修練の心得, 元極功法, 日之本元極功法元極, 日之本元極

本日の要点を繰り返します。
一番目に「胎息」 先天に近い呼吸法。
「性と命」の修練です。体、形ある体。形のない性。それが後天と先天。合わせて修練し
ます。自分の先天と後天、形あるものと形ないものを修練します。
次に言いたいのは、人間と天との関係です。「天人合一」と言います。
自然界には24節季があります。それぞれ時期が違います。人間の体とそれぞれ対応していま
す。人間が修練するときに周りの環境、自然界との関係も忘れずに時間を選ぶわけです。
修練する時間帯は、「子」の時間と「午」の時間です。
子時間は、夜中の11時から1時まで。午時間は、昼の11時から13時まで。
夜中が陽。昼間が陰。
朝の5時から7時まで。夕方の5時から7時まで。それぞれ陰中陽と陽中陰にあわせて
ます。体も陰と陽です。時間帯も陰と陽。夜中から寝ないで朝まで修練する人もいます。
それは、間違っています。陽ばかり修練して自分の体として陰が弱い人。そんな人が陽ば
かり修練して逆に自分の陰がもっともっと弱くなる。昼間の時間修練しない。そんな形で
時間をかけて陰陽知らずにしていると効果が小さい。逆に自分の陰陽バランスを崩してしま
います。ここで強調したいのは、体のバランスをとること。理論と方法を知らずにしてい
るとアンバランスになります。おそらく仕事関係などありますので、必ずその時間に合わ
せることは出来ませんが、そういう理論、方法を知った上でそれに近い方法でやって欲し
いのです。
インドネシアは、赤道に近いところです。南の方に行くと、何となく男の方は気がゆっ
くりします。にぶい、何でも遅い。逆に女の方は働く、何でも速い。理由としては、そこ
は赤道に近い所。陽が強い所。陽が強いと女性が元気です。女性は陰中陽です。男は弱い

北方にいくと反対です。男が速い、女が弱い特徴があります。
極端ですが、暑すぎる所は陽が強すぎる。寒すぎる所は陰が強すぎる。両方とも良くな
い。バランスが合わない。何処がいいかというと真ん中あたり。四季がはっきりしている。
日本あたり。冬もあって夏もある。両方ある所。陰もあって陽もある。バランスよくな
ってます。陽の時に何を修練するか。陰に合わせて修練する。陰の寒いときに何を修練す
るか。陰陽のバランスを考えて修練する。そういうことを常に心がけて、分かった上で行
って欲しいのです。人間の体はあくまでバランスです。陰陽のバランスが合えば健康に
なります。

元極学の理論で必要なのは「天人合一」。体と自然界との関係「天人合一」という理論で
す。どういう時に何をするかは、非常に大事です。修練もそうです。時期と時間帯をみて
修練する。
修練する時に気を付けてもらいたいポイントは、竅穴を守るときにあまり強くすると返
って良くない。有るようでないような形、力を使わずに気を使う。気を使わずに意念を使
う。意念を使わずに念訣を使う。一番重要なのは念訣。意念と気と力。一番初段的な力。
集中しすぎて力を入れすぎると効果が現れない。
修練する時、竅穴が力よりも気を使う、意念を使う。それぞれ竅穴が変わりますが下の
段階では、気の流れ、気で循環させる。玄関というところから、意念を持って行く。意念を
使って玄関から心をもって竅穴に送る。気と意念と竅穴、それぞれ使う場所が違います。
意念を使わずに念訣を使うということは、雑念が発生する時に無理に雑念を払い出すと
考えると非常に難しい。意念を使わず念訣すれば自然に雑念がなくなるという意味です。
「意念を使わずに念訣する」雑念を祓い出すよりも念訣で自然に雑念がなくなるという
ことです。
修練していて変になることがあります。そうなるのは注意事項を見なかったからです。
まとめて言いますと、人間の修練は、先天と後天の考え。性と命の関係が一つめ
二つめ人間と自然界天地との関係「天人合一」 先天後天、自然界との関係の二つです

二つのことを覚えて修練する時に自分の体に無理させない。無理させない方法論を十分
覚えたうえで行って欲しい。基本を理解した上で行えば難しい問題も、簡単に身につけら
れる。先天後天、人間と天地の関係。こういうことを認めた上でやっていきます。

最後に元極図のお話をします。修練する各竅穴 前と後ろ、上下、四次元も元極図で表
現しています。陰中陽、陽中陰、皇極という形で竅穴が表現されています。元極図は有名
な普善禅師によって描かれました。真ん中の皇極がはっきりしたわけです。もっと
はるか前から太極図はありました。太極図は韓国の国旗にもなっています。それに比べて
元極図は、奥の深いものになっています。太極図は真ん中の皇極がない。元極図は、規律が
ととのっていて、太極図には結果が生まれない。元極図は陰陽があって皇極があってバラン
スがとれています。自分の体も一つの元極図です。そのことも分かった上で修練してくだ
さい。
私の知識は大ざっぱで、一つ一つ内容を見て話すのでなく雑談のような話です。具体的
には、増田先生が本を書いてらっしゃるので、その方が分かりやすいかもしれません。
今日お話した内容は、皆さん分かったかどうか分かりません。分かった分は通訳さんが
旨く訳した分で、分からなかった分は私が下手くそだったからです。と お話されました
。(笑い)
ありがとうございました。

増田
これでお二人が来日してくださった講座の最後になります。いろいろ皆さん勉強になっ
たと思います。ぜひそれを毎日の修練に生かして、なお高みを目指していただきたいと思
います。ここで いろいろ修練している訳ですがカバーしきれない所があります。例えば
時刻の問題があります。子の刻、午の刻。午の刻の修練はここで出来る。でも子の刻は非常
にやりづらい。酉の刻は出来るけど、卯の刻には皆さんと一緒にできない。ですからそう
いう所を、皆さんがご自身できちんとご自宅で補ってやって頂きたいと思います。
どうもありがとうございました。(拍手)

st

日之本元極功法ADHD, 中国, 修練, 日之本元極, 気功教室, 発達障害, 脳の発達, 自力, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の子供達をどうしていったらよいのか。
具体的に教えてください。

[発達の神]
発達障害の子供は伝達物質が受容できないという状況で生まれています。
それが多くを占める状況になっています。
そしてその状況を変える為には、発達障害の子供の脳の発達を促しながら、

正しく情報を受け取れるような仕組みに変えなくてはなりません。
発達しながらそのことを改善していくことで、
飛躍的に状態が改善する可能性があるのです。

改善の方法としては、母親、家族の修練、

及び本人の修練も条件に入ってきます。
本人にやらせるというのは、非常に難しいことではありますが、
例えば録音教材を聴かせ続けること、
実際には本人が動功を行うことが難しくても、
録音教材を常時聞かせるという方法をまず試み、
そこから改善を促していきます。
貫頂など外気功の施術を受けながら、
本来の働きを回復させる道筋を立てていきます。
本人の修練に結び付けられるような段階にまで改善させていくことです。
その上で、自力での修練をさせていくという段階を
踏まなければなりません。
発達障害の子供においては、改善が見込まれる状態になるまで、
周囲の努力、施術が大切になってきます。
土台作りをしたうえで立ち上げていき、
自力での修練をやれる段階に持っていく、その二つが必要です。

自力での改善は、外せない条件になりますから、

自力でやる為の前段階の努力を周囲が
しなければならないという事と、セットでやるというのが、
発達障害の子供に対する改善策だと伝えておきます。
永い努力の蓄積と、周りの者達の協力が必要です。
当然ながら、我々はその者たちに対する手厚い保護をしていきます。
修練をするという導きを受けて、その条件を実施している者に対して、我々は努力を重ねるよう促します。
修練段階に応じることが出来るのならば、飛躍的な改善となって、
本人が自覚できるという段階に為る、
本人が修練をすることによって改善をするという変化を道を認めたならば、
たやすい道と為っていくのです。

日之本元極功法ADHD, シナプス, 中国, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 異常行動, 発達障害, 蓮花山, 高山

[増田]
受容体の話をもう少し詳しく続けてください。

[発達の神]
受容体におけるその役割は、情報が送られてきた時に、

方向性を定めて行動を行う為には、シナプスにおける情報を発信する部位と、
発信されてきた情報の伝達を受ける受容体のバランスが整わなければ、
正しい情報として伝わりません。
もとは正しく発信された情報でも、受容体の受け取りが悪ければ、
正しく伝わらないからです。
その結果、判断を鈍らせてあらぬことを起こすような行動となる、
それが、ADHDのメカニズムとなっています。
あらぬこと、目的に合わず、到達すべき物事の結果にならない。
そういった症状を生んでいます。
ADHDの疾患を持つ者は、情報の到達域が狭く、
受容体の受け取り能力不足により、正しく送られていた情報でも誤って拾い、違う場所に届ける結果となっているのです。

情報の攪乱が行われている場合もあります。
その場合は、受け取った情報が正しいと認識され、勘違いを起こしてしまうということに為ります。
正しいと認識された情報は、誤っているにも関わらず、

本人は正しいということとして認識し行動に移すわけですから、
明らかな異常行動として出現することが起きています。
これらの繰り返しの中で、脳の働きが正しくなされない為、
ADHDの患者は行動の不確定さや活動の乱れによる、
社会生活の困難さに繋がっているという事です。

彼らの受容体の一つ一つは、あらかじめ設定できないもの、

設定できるものに分けられ、設定ができる能力の受容体は残し、
設定のできない受容体は消して、
できる受容体のコピーを創るという事が必要です。
能力のない受容体、欠陥のある受容体はそこで排除して、
新しく脳の受容体を創る、コピーによって創るということが必要になります。

シナプスの変化は齎(もたら)されているが、受容体の異常、

受容体の不足、受容体の受け取る能力不足、
そして大きさの変化に応じられない等、
様々に加わった状況が生み出されているといえます。

これらのことから、ADHDの活動は社会生活を送る上では、

非常に困難さを抱えるという結果になっていることが、
おわかりになることでしょう。

日之本元極功法シナプス, 中国, 修練, 日之本元極, 気功教室, 状況の改善, 環境の変化, 発達障害, 蓮花山, 高山

[増田]
そういった状況の改善策はあるのですか?

[発達の神]
きちんと修練をすることや、定期的な施術を行う事で、

その者のシナプスの受容体を正常化させる為に大きさを整えて、
比較的簡単な情報からとれるようにします。

比較的簡単だというのは、受容体自体を治しても、

混乱を生むような情報のかく乱物質の問題は解決しません。
あくまで、情報を受け取る交換台のような、
そういった働きの受容体がまず信号を受け取る準備をする為に、
受け取る情報の器を広げて、
受容体の器の大きさをコントロールしなければなりません。

更に、情報のかく乱も行われている訳ですから、

その受容体だけでなく、
情報を正しく流れるような操作をしなければならないのです。

日之本元極功法ADHD, 中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 極秘, 気功教室, 発達障害, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害における様々な症状についてお聞きします。

[発達の神]
現在、発達障害には、その特徴における違いにおいて、

医学的に分類が設定されていますが、我々はその設定の時点の話、
分類が作られているが、そうではなく、厳密に言えば、
分類をさせることに異議は唱えませんが、
複合体、発達の障がいが複合体であることを伝えます。
複合体というのは、情報のかく乱や伝達物質の欠如などから
脳内に複雑に異常が重なり合って出来ていることな訳です。

その中で、まずADHDについて伝えることにいたしましょう。
ADHDは、多くの情報がもたらされ、その意味あいを為さずに、

変化に富む状態にあります。
変化に富む。富むとは、心の関心ごとが変わるという事、
様々な変化をするということ。
受容体、変化を起こす原因は、情報を受け取る受容体がきちんと受容せずに、
受容体の変化に伴う受容体不足により、
受け取る器が小さい為に溢れる情報が受け取れないということが有ります。
流れてきた情報を受け取れずに、取りこぼしては、
また受け取ることが行われる為、変化に富むことになります。
言い方を変えれば、変化に飛ぶと言う事も出来ます。
変化に飛ぶとは、行動にまで一貫性がなく、受容体の働きがストップ、
本来の働きではない、ストップしている。
必要なことは、欠点を補う為に、病気を創り出す原因と為る、
受容体の数が必要になります。
受容体の数が足らなければ、器が小さく受け取れないという状態です。

そこの所を改善し、十分な数の受容体によって情報を受け取ることで、

全ての状態を把握できます。
状態が充実することによって、情報を受け取り、
その把握が可能となる。
シナプスを受け取る受容体は一つではないのです。
その器の大きさや、その受容体に合わせて、
情報を受け取る働きがあります。
受容体は、受け取る情報によって、大きさが分類されていて、
大きさの違いに分類があり、
受け取る情報、受け取る状態が決まっています。
しかしながら、ADHDの患者は、その受容体にバラつきがあり、
何の関係もない受容体が、情報を集めることによって不一致が起きてきます。
行動の不一致、一貫性の無い行動が起きます。
そのために、ADHDの症状が起きるという事です。

日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 汚染物質, 環境の変化, 発達障害, 脳内物質, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の増加傾向は、このままずっと続いていくのでしょうか。

[発達の神]
発達の状況はこれまで伝えた中以外の事で

発達の障がいを持つ者は、発達障害の内容がこれから変わります。
発達障害における、障害の度合いが進んで行きます。
なぜなら破壊された環境の状態が、
悪化傾向で著しい状態にあるからです。
発達障害はその変動を特に受けやすい。
発達障害を持つ者が、今後著しく状態を悪くするのです。

環境の変化により、脳内の伝達物質のかく乱が進みます。
伝達物質の流動は、今後なめらかに行き届くという事でなく、

幾つもの通過点において、障害が生ずることに為ります。
脳の環境を著しく変える原因として、汚染物質の中には
際立って悪い脳内環境を変える物質が含まれているからです。
脳の伝達物質のかく乱が進めば、人々の脳が脳内において、
禁止を受ける脳の物質がある程度状況改善をされる、
そのような状況から外れていきます。

これまでは、脳内の物質のかく乱が行われたとしても、

それが伝達におけるルートに至るまでにいくらかの回復を
与えることが可能でしたが、そういった作業がしにくい状況に陥るのです。
かく乱物質の増加は、物質的な変化に伴い、
脳内における、脳内の物質をも変えていくという変化が起きてきます。

放射能における脳内物質の変化は、今後著しく進んでいきます。
障害の度合いが更に、進むとお考えください。
障害を受けた脳内では、様々なパニックを起こす要因をつくっていきます。
物質の変化は、新たな困難を生み出し、

同時に人々の脳の回復を妨げていきますから、必要な分必要なだけ、
修練を行うということ自体も難しくなってくる。
そのような状況が生まれてきます。

一変するとはそういう意味です。
今後、新しい働き、新しいつくり方、功法の創り方によって

事態の悪化を未然に防ぐという行動が必要になってきます。
そうしたことを勘案して、増田には新しく功法を創り、
その為の手法を取り入れて頂くよう、お伝えします。

今後、脳内物質のかく乱は、激しくなり

脳の中で新たな変化を起こすことになります。
次々にあたら新しいかく乱物質が発生し、
適応できない程の脳内の状況が生まれてきますから、
障害は非常に重く進んで行くのです。

日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 環境の変化, 発達障害, 脳内伝達物質, 蓮花山, 高山

[増田]
発達障害の子供について考察していきたいと思います。
発達障害の子供は年々増えています。
どうしてでしょうか。

[発達の神]
子供の発達障害は、増加傾向にあります。
それは、環境ホルモンの悪化や環境悪化に加えて、

子供自身の細胞レベルでの劣化が起きているからです。
劣化とは、その母親の劣化でもあり、
情報を送られてくる上での情報の劣化ともいえます。
情報の劣化とは、生まれる時の設計段階での情報が欠如し、
正常な働きをしない物質がそこに取り込まれて、
新たな発達障害の種を生んでいるということが有ります。
環境汚染などによって、そういった劣化につながる物質が取り込まれることで、
赤ん坊への影響を及ぼします。
更に、母親自身が子供をつくり出す能力が衰えている為に、
正しく伝わる子供の設計図の質が落ちているということが有ります。
子供の中には非常に重い障害を持って生まれる子供がおります。
それは、母親からの遺伝情報に書き加えが行われているからです。
書き加えとは、傷ついた遺伝情報のコピーがされて、
書き加えとなり、
その情報を元につくられる子供の障害が
重い状態として生まれてくる状況があるからです。

劣化させる物質としては、環境ホルモンやそういった母親の

遺伝的要素によって、
子供の障がいの重度化に繋がっていることが上げられます。
書き加えとは、劣化情報を集められた伝達物質によって
もたらされているという事を付加しておきます。

日之本元極功法中国, 修練, 日之本元極, 最新医学, 気功教室, 環境の変化, 発達障害, 脳内伝達物質, 蓮花山, 高山

[増田]
これらを行うことにより、脳内伝達物質の性質・成り立ちが判るようになるのですね。

[発達の神]
著しい変化として、物事の考え方が定まり、

伝達物質の輸送状況が促されて、改善して良く流れる。
ネットワークが繋がる。
そういったことから、ありとあらゆる情報が行きかうようになるところまで
サポートしていきます。
一つの与えられた情報があるべきルート、道筋を辿り、
脳の中の伝達を促し、物質上の伝達物質と共に
あるべく無形の情報が行き渡り、脳内情報の交流交換、
そして伝達といったネットワークの構築がなされていくということであるのです。

我々が改善したいという意図は、発達障害の持つ意味、

持っている情報の欠落欠陥がもたらす人的影響を
どう変化させるかという事により、
脳の活動の一端を説明するという目的があります。
脳の活動のメカニズムという意味で、その事実を公開し、
人々に役に立つ情報として広めていく必要があります。
わたくし達は世にあるべき情報がどれだけ間違っていて、
簡略化されているか、今分かっている情報という事の
不確かさを追及し、そこに新たな理論を打ち立てて公表するという事を
目的にしなければなりません。

環境の変化により起こるべく、能力の欠落や遺伝的要素により、

脳内物質の伝達が出来なくなっている者など、
脳の中で起こっている状況を深く探るべきです。