功法と修練, 日之本元極功法

昨年の2月に「戻戻止痛」の効能を追加しました。
更に、今回2019年6月に功訣を、ひらがなからカタカナに変えるのと同時に

功訣の内容を変えています。
それによって功法の機能を追加しました。そして方法を変えています。
国民の2分の1が癌に侵されると言われている昨今。
癌対策は、喫緊の問題だと思われます。
がん細胞は、42、3度で死滅します。
正常細胞は、それよりも高い温度でも生存可能です。
そうしたことが解っているのですが、がん細胞だけをセレクトして温度を
高くするわけには、生身の人間に出来る事ではありません。
細胞単位で作用可能な日之本元極功法では、
一気に温度を上げる必要がない為、
回復するめどの立たない癌細胞の1%ぐらいに、順番に温度をあげるようにしました。

さらに、全身に散らばっているその細胞に、熱を加えるときには、

全身に出来るだけ分散して、
なるべく1カ所に集中しないようにしたのです。
復帰する可能性のある細胞には、復帰させるための作業を施しました。

これは、効果があるか???
体内神に聞いてみました。
******

あなたは、いつも結果の答えがよく分かっていることを 我々に聞いて確認するという癖があります。
われわれも 効果を上げるように あなたの意識に沿って 作用させていますから、
これはとりわけ効果の高い方法です。
もちろん、これを受けたからと行って
すぐに、すべてが変化するわけではありませんが、
これを受け、修練をし、講座を受講して修練をして、さらに貫頂を受けてエネルギーを補給して、
生言霊を受けるという状況でこの施術が順調に進むということです。

エネルギーが枯渇して、身体が精一杯な状態で、生言霊を受けても それは成就しない可能性があります。

貫頂を受け、修練をして、講座も受ける。 それらの積み重ねが どの力も上げることになります。
何か一つだけ、修練だけでも、施術を受けるだけでも、うまく進まない可能性があります。

この生言霊・温熱療法を受講した者たちの体感としては、
身体が温かい、気分が良い、気持ちがいい、機嫌が良い、元気になった。という印象を受ける程度で、あまり大きな変化が無いと思うかも知れませんが、

これらの積み重ねが、元気を生み出すのであるということを伝えて

おかなければなりません。

魔法のように大きな効果が出なければ、気功の意味が無いという考え方が、

多くの者たちにはありますが、地道に回復する取り組みが第一に重要で、

その積み重ねによって、回復への道が開かれるのですから、
大きな変化ばかりを求めていてはいけないのです。

1回や2回で変化が出るモノでもありません。しかし、確実に変化しているのです。

更に、今回の功訣の変更によって、こうした施術の組み合わせによる受講と、日々の修練の実施によって
回復が不可能な重度の病に置いても、奇跡を起こすことが出来るのです。

功法と修練上級者, 修練, 元極, 元極功, 効力, 新宮, 日之本元極, 気功, 気功教室, 高山

今年の3月、次のような言葉が降ろされました。
新宮修練舎をこれ以上発展させることをしなくて宜しい。
今後 新宮修練舎に入れる者たちは スタッフのみになります。
一部の上位の修練者と スタッフたちのみです。

多くの者たちが 修練をする場所ではありません。
今後、講座を受講して 錬功をする者たちの会場は、

新宮修練舎とは 別の場所に創ります。
もっと、来易くて 講座も錬功も出来る場所を創りなさい。
この新宮は、階ふた以上の修練者の修練の場所です

スタッフと同じように、上級者の修練場所になります。
これ以上の 修練者は、今後はそれほど多くは増えません。

これ以上、この場所を手入れする必要はありません。
この場所に、お金をかけて修繕をする必要も 大きくはありません。
しかしながら、されとて 見栄えのよいものに 変更できるところは 変更しなさい

たとえば、ペラペラのカーテンなどです。
見栄えばかりではいけません
しかし、見栄えも大事です。

もうすこし、見栄えの良いものを購入しなさい。
設備そのものを 手入れしなくてもいいです。

この新宮は、修練舎として、存続します。
今後は スタッフや上位の修練者の錬功場になります。
事務所の機能も、他に移ります。

もうしばらくで、事務所は別に移動します。

講座や入門生徒の錬功が中心に行われます。
この場所は、主にスタッフが錬功の仕方を学び、

成長する場所になります。
従って 寝泊まりする者たちも 増えてきます。

功法と修練



「ターキッシュ ギュルさん」から、コメントを頂きました。

先日の修練と趣味のことについてです。 
クリック

「修練は厳しいというものの、

その修練に楽しみと歓びと感動と探究・追求等の意欲が出るという

私の感覚は 違うのでしょうか!?」

いや、修練にそうした楽しみ、歓びと感動などが全くないと言っているのではありません。


段階段階で、喜びや楽しみ、達成感などの感情は

当然湧いてきますし、出てきて当然のものです。

幼稚園児が一桁の足し算を出来たと喜びますが、

大学生になってから一桁の足し算が出来ても嬉しくないように、

修練も成長に応じて段階を上がっていくべきです。

その一つ一つの段階ごとに、

力を付けさせるようなハードルが設定されているということなのです。

張先生がお創りになった中華元極学は、静功のレベルでいうと、

一部・混沌初開法にて4段階、

二部・鴻蒙済判法では4次元、

三部・人天交会法にては6段階のレベルが設けられています。

それを更に進展させた、日之本元極功法は、

「階む」で1段階、

「階ひと」で6段階、

「階ふた」で6段階、

「階み」で9段階の階段が設定されています。

ですから、ご自分の成長と共に、

一つ一つ階段を上るように功法をステップアップしていった方が、

殆どの人は早く目的地に到達出来るのです。

中には、何億人に一人か、何十億人に一人の割合で、

たった一つの功法で全てを突き抜けるように悟れる人も居るやもしれません。

元極道の開祖・普善禅師は、

一生下丹田の静功だけで、全てを悟ったといわれています。

ただ、そうした修練の過程で、目先の喜び、感動のみを追い求めていると、

本当の目的を見失ってしまいます。

継続的な修練によって、自らの金線を伸ばし、

元気段階で虚空界と繋がり、

元光段階で太空界と結ばれ、

元音段階において真空界に到達出来れば、

天地宇宙に同期して生きることが出来ます。

そうした生活の中で、自らに課せられた本当の役割を見いだし達成していく、

この事が出来て初めて自分の生存することの本当の喜びに遭遇出来るのです。

修練の継続こそが、その刹那に誘う唯一の道です。

時間がありません。急がねば間に合わないのです。

効果的な修練方法で力を次々に付け、

「天人相応」の域に一時でも早く到達して下さい。

功法と修練

    クリック    

のことが書いてありました。

「いつか、趣味は修練ですと答えられるときが来るかもしれない。

そうありたいと思う。」

と結んでいます。

修練功法を創る側からいえば、

「修練が趣味」は、あり得ないことです。

何故なら、その修練の継続による苦痛を、

乗り越えることが出来るか出来ないか、という

ギリギリのところに功法が設定されているからです。

難行苦行を乗り越えて、力を付けて貰えるように創ってあるのです。

張志祥先生より一子相伝の衣鉢を授けられて、

功法を作り始めた当初は、如何に効果を上げて、

修練者の皆さんが簡単に力を付けたり、

不都合を取り除けるようにと功法を考えていました。

すると、ある時、掌門人の神々からお叱りがあったのです。

「そんなに簡単に偉大な力を渡してはいけない。

本当に耐える力を付けた者に力が渡るように功法を創りなさい。」

と、申し渡されました。

耐える力とは、単に功法を続けるだけのことではなく、

本当に心底、神仏、功法を信じているか?

金銭的な障壁を乗り越えられるか?

(昔から「黄金で道を買う」という習わしがあります)

習いに来る距離や時間の制限を突破出来るか?

家族や周りの人々との軋轢に耐えきったり、認めて貰えるような地道な努力が出来るか?

自分の為にではなく、他人の為に、功法の力を生かし続けられるか?

等々を根底に、創られているのですから、

いつも楽しく出来るという風には、おいそれといかないのです。

こうしたことを満たした上で、楽しく修練出来る人が居れば、

その方は、もう神の領域に入っておられる方でしょう。


功法と修練


てこてこ が、自らの重い病気を治す為にも 

クリック

修練をやらなきゃいけないと思うのに出来ないでいます。

それは、一般の社会生活から受け取る末性(心の邪気)により、

良いと判っていても出来ないでいるからです。

それではどうするか?

邪気を吐き出して、自らの良心に則って自発的に修練出来る習慣がつくまで、

半強制的に修練しなければならない環境に自分を置くことです。

仕事の有る日以外は、新宮修練舎に朝・晩問わず、

修練に来るよう何ヶ月の間、予約を入れてしまうのです。

毎日、毎日来る日も来る日も、仕事以外の日は、

強制的にスタッフと日之本で修練する。

これによって、一人で修練出来ない末性を全部吐き出してしまうのです。

実際、私が言うまでもなく、こうしている人達は何人か居ます。

自分の力で出来るようになったら、

また元のようにライフスタイルを戻せば良いのです。

功法と修練


その他、これら錬功会に参加するメリットとして、

功力の上昇以外にも上げられるものが有ります。

その一つ目は、一人だけで修練を続けることは、非常に難しいことで、

よほど意志の強い人でない限り継続出来ないということが言えます。

ところが、ちょくちょく錬功会で仲間の顔を見て、お互い励まし合ったり、

情報の交換をしているとやる気の持続が可能になります。

単純なことの繰り返しですし、

例えばランニングなどのように、タイムで上達を計測出来るわけでもないので、

時折のそうした刺激も無しに継続するのが簡単ではないのです。

二つ目は、一つ目にも上げました情報の交換の重要性です。

一緒にやっている人々や、先輩達の経験を聞いて、

まだ自分が経験していないことを学ぶことが可能です。

元々見えないことですから、他の修練者とて、自分の経験をあちらこちらで公開するわけもなく、

なかなか入手しにくいことを聞くことが出来るのです。

その時、自分には該当しないことでも、後になって、

治療などを他人にするときに大いに参考になる事は、

そうした会話の中に潜んでいます。

三つ目は、潜在能力の開花という事について。

潜在能力は、個人差が非常に大きく他人に出来ても自分に出来ないとか、

また、その反対の事も多いものです。

しかし、時には他人の潜在能力開花に触発されて、他の修練者も同じ事が出来るようになったり、

それがヒントになってそれ以上の能力発揮が可能になる事もあります。

ですから、あまり目先の事に囚われないで、

成果なども長い目で見る事です。

何せ、一生やり続ける事ですから・・・・・。

シグマDP2Merrill(メリル)

功法と修練


以上、これらの効果は、加算されて積み上がりますから、

自宅での日々の錬功より自主錬功会が遙かに効果的です。

更に自主錬功会よりは各地の錬功会、それよりは新宮の錬功会、

ましてや特別錬功会には万難を排して参加するというような姿勢が、

貴方の功力向上を格段に早いものにしていきます。

今年(2012年)10月に開催しました「絶食・絶飲食錬功会」に参加された方々のブログをお読みになれば、

その効果の大きさに合点がいかれることでしょう。

今後、皆さんが、上記の錬功会などに積極的に参加され、

大きなステップアップを遂げられますことを祈念しております。

シグマDP2Merrill(メリル)

功法と修練


錬功会の種類には、

1.自主錬功会

2.各地での日之本元極主催錬功会

3.高山新宮での錬功会

4.高山新宮での特別錬功会

が、有ります。

その中で、上の3.4.では、圧倒的に場が良いことです。

高山は、パワースポットどころか、広域なパワーエリアですが、

その中でも新宮の錬功場は、世界でも有数のパワーを誇ります。

三つ目に、どんな者でも修練をすれば、その周りに修練場という良い場が作られます。

更に修練者が複数集まって修練すると、一人で修練するのとは違い、

複合的な強い修練場が形成されることです。

錬功会で多くの修練者と一緒に修練することは、

自分一人でするのとは効果として大きく違ってきます。

四つ目として、上記2.3.4.の錬功会では、必ず日之本元極で認めた講師が付くことです。

講師はそれなりにその技能・功力がある者を選択していますから、

そうした者と一緒に錬功することは、功力を引き上げてもらえることとなります。

五つ目。

4.の特別錬功会は、24節気など特別に天地の運行の良い、

三元場が強くなる日を選んであります。

六つ目。

年に数回しか開催しない特別錬功会には、

以上の五つの特典に加え、別物の功力付加があります。

神鳳、赤氣羅などの特別な作用です。

これは、参加されればお判りになることでしょう。

もし、お判りにならなくとも、その効果は確実に参加者に届いています。



シグマDP2Merrill(メリル)

功法と修練


日之本元極で主催する、或いは日之本元極の修練者が集まって執り行う、

自主錬功会がいろいろな所で開かれます。

講座を受け、やり方が判っていれば、別にこれらの物に参加などしなくても良いのではないかと、

考えていらっしゃる方々が多いのではないかと推測されます。

わざわざ交通費を使い時間をかけて、会場まで行かなくとも、

自宅のいつもの場所でやれば、手軽だし他人に気を遣うこともありません。

一般常識的には、全くその通りです。

それなら、何故こんな事を頻繁に開催するのでしょうか。

その錬功会といっても、いろいろ種類があります。

どんな物があるのか、上げてみましょう。

1.自主錬功会

2.各地での日之本元極主催錬功会

3.高山新宮での錬功会

4.高山新宮での特別錬功会

この四つの錬功会に共通して言えるのが、

必ず幾柱かの「掌門人」が訪れて、三元場を守ることです。

上の数字が大きくなる錬功会ほど、「掌門人」の数はどんどん増えてきます。

特別錬功会には、掌門人全て、二十数柱が揃う事さえ有ります。

修練者の中には、特異効能で、それらの掌門人が見える人や、

感じることの出来る人もいます。

シグマDP2Merrill(メリル)

功法と修練

日之本元極功法の元極養徳標準をご紹介していきます。

「元極養徳標準」とは元極功法の修練者が心がけなければならない努力目標ともいえます。全部で17項目ありますが、ほとんどが常識的なことです。

③神仏の存在を信じ、感謝の念を持つ。

宗教的なことと捉えられる方がいらっしゃるかもしれませんが、宗教ではありません。

元極の歴史は、800数十年前に中国で道教の一派、太一道より始まっています。

太一道は特定の神のみを信奉するのではなく、全ての神を祀る心を持っていました。

そして修練を積み重ねる中で「神」の存在を察知し、それらからの語りかけを「悟り」という形で受け取り、天地万物の生業には全て神々の意思の力が働きによるものであるとして、代々伝えてきています。

日之本元極もその心を引き継いでいます。
日ごろから自分が生かされていることに感謝し、自分に与えられた役割を察知し、その役割を全うすべく行動することが求められています。

自分に与えられた役割を察知できるようなるための講座があります。

詳細は、気功教室日之本元極ホームページをご覧ください。

気功 神様 赤氣羅