「ひだ」の事健康的, 元極, 元極功, 危険です, 対応の仕方, 日之本元極, 気功, 気功教室, 高山

以下、青字はかめ爺、黒字は神々の発言です。
としのぶがうしなわれます。
きれいさっぱりと消え去ってしまうのではありません。
まだまだ、残っています。

しかし、住むことは危険です。
健康的に 住むことは出来ません。
誰しもが自分の生活を捨てて、

よその土地に住むことなど選べることではありません。
しかし、よく考えてご覧なさい。

すべては「命あってのものだね」なのです。

「ひだ」の事パワースポット, 元極, 北極, 南極, 日之本元極, 気功, 気功教室, 気象条件, 異変, 逆転

2018年3月30日に降ろされた言葉です。
亜熱帯地方の気象条件に 変化していきます。
北と南が逆転し、北が暖かく 南が寒くなる現象が起きてきます。
地軸が定まってきました。

あなた方の高山の気象条件は、 

冬は暖かく 夏は涼しい気候に恵まれます。
人が寄り集まりやすいところになります。
北極と 南極とが逆転して、
北は暖かく 南は寒くなります。
そのために 各地で異変が起きて 
そのことによって気象が変わるだけでは無くて、 
大地が揺れる異変が各地で起こります。

地上を揺り動かす異変は各地で起きます。

自然災害です。

そして、どの土地も住みにくい土地になりますが

この高山は過ごしやすい諸条件に恵まれていきます。

「ひだ」の事

「現状を回復させる」この言葉も重要な言葉になります。

現状を回復させるのは、あなた方=日之本元極の仕事です。

人の現状を回復させることと、家の現状を回復させるということは、繋がっているのです。

つまり、現状回復の道のりをきちんとした手立てを使って、対処するのが正しいのです。

相手の要請通りの要求に捕らわれて、要求をのむのではなくて、

あなた方が手を加えて正しい方法で対処し、回復していくことが大事なのです。

「こんなに、面倒なこと」と思わずに、

あなた方にできることを精一杯努力して対応していきなさい。

「諸刃の刃」のもう一つの意味があります。

刃によって傷つけられた箇所を適正に補強、回復するのです。

これは、価格で現された要求ですが、まったくキズ無く、新品に治せるのではなくて、

その者の元々持っている、変化の上に直す作業がある。

(病気に罹れば、若者のように治すのではなく、年齢相当の快復をさせるということです)

原状に回復するのではありません。

現状を回復するのです。

そのことを知らせています。

新品に要求されても新品にはならない。

それを反論して行く必要があります。

すでに、あなた方の元に起きてくる災難は、ただの偶然ではなく、

今後に発生する様々なトラブルを乗り越えるための企画の様なことですから、

面倒がらずに、ひとつひとつの事柄を丁寧に対処して乗り越えてください。

攻撃されたときに対応するのは、どこまで、どのように対処すれば良いのか?

迷う所でしょうが、悪法でも法は法です。法律にのとって対処する。

善し悪しの基準は、悪法であっても法律に従いなさい。

このことは、張志祥にも徹底させてきました。

法律をよく学び、法律に従って処理、要求をしていくのです。

「ひだ」の事

スタッフの転居に絡んで、

悪徳不動産(だました不動産)事件 1、2、が起きました。

                         クリック  クリック   

この件について、神からの言葉が下りてきました。

「もろはのやいば」これは、「諸刃の刃」なのです。

攻撃を受けたときに、きちんと学習をして正当な対応をしなければならない。

あなた方に感情的にならないように、

言い返さないで我慢しなさいと言っているのではありません。

正当なことをきちんと判断することをしなさいと、伝えているのです。

そのためには、もちろん資料をそろえて伝える、反論する、理路整然と説明する。

この様なことが必要ですから、

きちんと整理して冷静に淡々と交渉していくことをしなさい。

これが、ひとつの「もろはのやいば」です。

向こうが従うかどうかは、まったく別の問題です。

「もろはのやいば」の対応をきちんと処理することです。

このような組織への攻撃を、いい加減にしてはなりません。

今回のことは偶然に起きていることではなく、

「諸刃の刃」として引き起こしたことですから、

これはこれで我々が計画したとおり、ババタヌキが処理に当たりなさい。

すでに、あなたは関係機関に問い合わせをする、

調査する。

反論する準備を整える。

それらのことを準備していますから、それは充分に大事なことであって、

調べて現状回復の意味を深く知ったことで、反論する知識を得たのです。

泣き寝入りをしないで、正当な反論をしていくことが、諸刃の刃の意味です。

このように面倒な情報の処理をしていくことが、

この世の中のシステムとして重要であるのです。

「諸刃の刃」の意味が分かっていただけると思います。

「ひだ」の事

最近、スタッフが引越しをしました。

すると、壁の少しの汚れや傷を指して、不動産屋が

「これは全面張り替えですね。」

と言って、敷金の10数万円すべてを返金しないと見積もりをしてきました。

これを聞いた、こういったことに非常に細かいババタヌキが、

いろいろ調べて、経年変化分は、経営者側が持つことになっている事を

公的機関から聞き出しました。

それを担当している高山の古くからの不動産屋さんに

(仮に 「だました不動産」 としましょう)

告げると、突然 0円の見積書が再提出されました。

ババタヌキの剣幕も大したものですが、

「だました不動産」もなかなかのものです。

「大家に全額払わせます。」

と言う事ですが、ひょっとしたら最初から大家からも全額払わせ、

こちらからも全額取るというようなやり方をしていたのではないでしょうか?

これは定かではありませんが、

以前からの悪評から考えると、 充分考えられることです。

大家さんが、非常にいい人たちだったということだけに、

かわいそうでなりません。

いい人が報われるような社会になるといいなぁ。

「ひだ」の事

昨日の中日新聞に、都竹峰仙(つづくほうせん)さんの彫った仏像が、広島市、長崎市に送られるという記事があった。

峰仙さんは、仏師(仏像を彫るのを生業にしている人)で、位山を開いた事で有名です。
詳しくは、息子の都竹昭雄さん著「飛騨の霊峰・位山」をご覧下さい。

この峰仙さんが生前彫った三体の仏像が、津波の上に原子雲が出ており、
その上に神々がいらっしゃるという物なのは、ある種予言のような物でしょう。

峰仙さんは、平成11年
3月11日に亡くなっています。

「位山は大きな龍神が守護している尊い山だ。

      世の移り変わりの時に開く山
だよ。」と言われたそうです。

超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 with キャノンS90,シグマDP1,サイキック写真-日之本元極 気功 文化 まつる

写真をクリックすると大きくしてご覧になれます。